菊正宗の化粧水には美白あり!ブースターを使えばさらに効果アップ!

菊正宗の化粧水で美白できる?

菊正宗の化粧水はコメ発酵液(日本酒)を使った保湿化粧水です。

保湿化粧水ではありますが、美白効果もあったらいいな?と思っている人もきっとなかにはいるでしょう。

保湿ができて、美白効果も実感できるのであれば、これ1本でかなり使えますからね。

菊正宗の化粧水には美白成分も配合されている!

菊正宗の化粧水には一定の美白効果が認められる成分も実は配合されています。

美白効果を引き出すために配合されている成分の主な成分は、アルブチンとプラセンタエキス。

アルブチンとはシミの原因となるメラニンの生成を抑制することによって、新たにメラニン色素が生成されるのを抑制する成分です。

また、プラセンタエキスは保湿効果や皮膚細胞の活性化などとともに美白効果がある成分です。

プラセンタエキスは、メラニンの生成を抑制するだけではなくて、皮膚細胞の活性作用によって、現在あるメラニンの排出を促進する効果もあります。

菊正宗の化粧水の主な美白成分としてはこの2つになります。

菊正宗の化粧水に美白効果を求めるのならお酒に強くないとダメ?

菊正宗の化粧水にはアルブチンやプラセンタエキスという美白成分が配合されているので長期的に継続して使用すれば、メラニン色素を肌内部から追い出してくれる化粧水、と言えます。

ただ、コメ発酵液(日本酒の成分)が使われていることもあって、お酒の臭いがダメ!という方は継続的に使用するのは難しいかも知れないですね。

それとお酒に関するアレルギーある人も菊正宗の化粧水はやめておいた方がいいと思います。

菊正宗の化粧水で美白効果をより高めるためにはブースターの使用を

菊正宗の化粧水の美白効果をより高めたいと考えている人には、ブースター(導入美容液)を使ってみるのもいいと思います。

洗顔後にブースター(導入美容液)を使えば、硬くなった角質層を馴染んで浸透することによって、そのあとに使う菊正宗の化粧水の美白有効成分であるアルブチンやプラセンタエキスの浸透を高めます。

予算に余裕のある人は検討する価値があると思いますよ。

菊正宗の化粧水と美白効果のまとめ

菊正宗の化粧水に配合されている美白成分は一般的に美白効果があると認められている成分です。

長期的に継続使用することによって、一定の美白効果は期待できます。

そして、洗顔後にブースター(導入美容液)を使えば、さらに期待できる効果は高くなるといえますね。

保湿成分としては、このコメ発酵液をはじめ、アミノ酸(グルタミン酸、アルギニン、ロイシン)とセラミド類(セラミド3、セラミド6II)といった保湿成分も配合されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ